ホーム

サイクルポータルサイト「Cyclist」寄稿-ロードレース2013シーズン展望<2> シーズン前半編

コメントをどうぞ

ロードレース2013年シーズン展望の第2弾が1月4日に「cyclist」にてアップされました。

 

Cyclist

ロードレース2013シーズン展望<2> シーズン前半編

春のクラシック“本命”はシーズン序盤で分かる!

1月からレース結果をしっかりと追うべし

 

その名の通り、春のクラシックをメインに、シーズン前半について書かせていただいています。

クラシックシーズンまでの大まかな流れや、注目選手を押さえていただける内容になっております。

 

ぜひご一読くださいませ。

 

cyclist http://cyclist.sanspo.com/

 

広告

アムステル・ゴールドレース-Review

コメントをどうぞ

アルデンヌクラシックの開幕を告げるアムステル・ゴールドレース。

例年、ゴールポイントのカウベルグで劇的な幕切れが待っているものですが、今年もこのレースならではの展開となりました。

その主役となったのは、3連覇を狙ったクラシックの帝王でもなく、激坂のたびに絶対的な力を見せるスペシャリストでもなく、これまであと一歩のところで大魚を逃していた1人のイタリア人選手でした。

 

———-

 

アムステル・ゴールドレース(Maastricht~Valkenburg、256.5km)-4月15日

 

 

【結果】

1.エンリコ・ガスパロット(イタリア、アスタナ) 6:32:25

2.イェーレ・ファネンデルト(ベルギー、ロット・ベリソル) s.t.

3.ペテル・サガン(スロバキア、リクイガス・キャノンデール) s.t.

4.オスカル・フレイレ(スペイン、カチューシャ) +02″

5.トマ・ヴォクレール(フランス、ユーロップカー) +02″

6.フィリップ・ジルベール(ベルギー、BMCレーシングチーム) +02″

7.サムエル・サンチェス(スペイン、エウスカルテル・エウスカディ) +02″

8.ファビアン・ウェーグマン(ドイツ、ガーミン・バラクーダ) +04″

9.リナルド・ノチェンティーニ(イタリア、アージェードゥーゼル・ラモンディール) +04″

10.バウク・モレッマ(オランダ、ラボバンク) +04″

 

フルリザルト(公式サイト)

 

9名の逃げグループは最大13分半のリード。

残り100km前後からメイン集団では、BMCやレディオシャック・ニッサンがコントロールし逃げとの差を詰めていきます。

そのうち、ペースアップに対応できない選手たちがアップダウンのたびに徐々に脱落。

その中にジルベールのアシストを務めると見られたエバンスも含まれます。

結局、エバンスは早々にリタイア。

 

メイン集団との差が縮まるにつれ、逃げ集団の統率も乱れ始めます。

残り30kmを切って、アージェードゥーゼルの21歳・バルデがアタック、ガーミンのハウズを従え2人で進みます。

バルデは残り10kmを切るまで逃げ続け、最終的にはゴールのカウベルグまでメイン集団で粘る好走。

文句なしの敢闘賞を獲得しています。

 

メイン集団は終盤にかかり、有力選手が続々前に顔を出し始めます。

集団コントロールはBMC。

サンタンブロジオが長いこと牽き続け、残り10kmからはファンアーヴェルマートがジルベールのためにコントロールします。

一時ヴォクレールとサガンがアタックを決めかけますが、これはBMCやΩクイックが冷静にチェック。

しかし、その直後に飛び出したフレイレがレースを大きく動かすこととなります。

 

フレイレは10秒前後の差でエスケープ。

集団ではファンアーヴェルマートやテルプストラらが必死の追走。

それでも差はなかなか詰まらないまま、最後のカウベルグへ。

 

フレイレを追うべくジルベールが満を持して激坂スプリント。

その他有力選手はカウベルグの入口での悪ポジションがたたり、なかなか伸びず。

ジルベールのチェックをしかけたクネゴは、SKYの売り出し中ライダー・ノルドハウグと絡み落車。

勾配が緩くなったところでジルベールをかわし伸びを見せたのが、ガスパロット・ファネンデルト・サガンの3人。

フレイレをパスしゴール前スプリントは、サガンが先行するも最後まで伸びを見せたガスパロットが歓喜のゴール。

半車輪差でファネンデルトが惜しくも2位、ゴール直前で失速のサガンが3位に。

 

最後の最後まで逃げたフレイレは大健闘の4位。

3連覇を狙ったジルベールは6位、大本命とも言われたロドリゲスはまさかの24位に終わっています。

 

【優勝予想アンケート結果】

4/13~15に実施した優勝予想アンケートの結果(得票数17、小数点以下四捨五入)

 

ホアキン・ロドリゲス 24%

アレハンドロ・バルベルデ 24%

サムエル・サンチェス 12%

ダミアーノ・クネゴ 12%

フィリップ・ジルベール 6%

サイモン・ジェランス 6%

ペテル・サガン 6%

アンディ・シュレク 6%

トマ・ヴォクレール 6%

 

ご協力いただいたみなさま、ありがとうございました。

次回は4/22開催の「リエージュ~バストーニュ~リエージュ」での実施を予定しております。

4/18の「フレーシュ・ワロンヌ」でもやりたいところですが…、私の手が追い付けば、ということで…(笑)。

 

【戦評】

当初予想されていた優勝候補が最終局面でことごとくもたつき、伏兵が力を示す結果となった今回。

 

ガスパロットは2010年3位と相性の良いこのレースで、ビッグな勝利をつかみました。

これまでもティレーノ~アドリアティコの劇坂ステージを制するなど、今回のようなコースレイアウトは得意とするところだったことは大きいでしょう。

アスタナチームとしても、今年のクラシック全体を通して集団をコントロールするなど良い動きが目立っており、あとは結果が伴えばというところでついに掴み取った栄冠でもありました。

最後のカウベルグにはイグリンスキーとガスパロットを確実に残し、2人で勝負するのがチームオーダーのようにも窺えました。

実際、先頭に立ったジルベールをチェックしていたのはイグリンスキー、そしてジルベールがスプリントを開始したと同時にイグリンスキーがガスパロットを解き放ち、あとはガスパロットがポイントを定めながら勝負するといった動きをしていました。

途中で飛び出したポンツィを含めアシスト6人によるコントロールと、イグリンスキーからガスパロットへのホットラインが上手く機能したチーム全体の勝利と言えるでしょう。

もちろんガスパロット自身の勝負強さも光り、時期尚早ではありますがほぼ同じコースを使う世界選手権のイタリア代表有力候補になったのではないでしょうか。

 

惜しくも優勝を逃したファネンデルトもレース中から脚色の良さが窺えた1人。

チームとしては、もう1人のエース・ファンデンブロックが落車による不調というトラブルを乗り越えてのリザルト。

ファネンデルトは昨年のツールで頂上ゴールを制し、あわや山岳賞獲得かというところまでの活躍を見せ、その登坂力には定評がありました。

また、昨年のアルデンヌクラシックではハットトリックを達成したジルベールの最終アシストを務め、ジルベールがBMCに移籍する際には「最も一緒に移籍したかったライダーだった」と言わせたほどの力の持ち主。

これまではアシストに徹することが多く目立った存在ではありませんでしたが、ここでついに本領発揮したということでしょう。

ガスパロットともども、次戦のフレーシュ・ワロンヌの優勝候補に名乗り出たと言えそう。

 

フレイレやジルベールをパスした際に真っ先にスプリントを仕掛けたサガンは、ゴール直前で失速。

終盤にヴォクレールと飛び出すシーンもあり、好調さが見られたものの惜しくも勝利を逃す形に。

上位3選手の中では最もスプリント力はあったはずですが、単純にスプリント力だけで図ることができないのがクラシックの難しさ・奥深さなのでしょう。

今年の春のクラシックはこれで終了予定とのこと、元々の実力は言うまでもない分、今回の経験を活かす来年以降が楽しみ。

 

スプリンターによる大勝利目前で逆転を許したフレイレの動きも見事。

チームにはエース・ロドリゲスが控え、そのための動きと思いきや自ら優勝を狙う走り。

ロドリゲスが不調に終わったことを考えると、フレイレの動きは一か八かの賭けだったのかもしれません。

今シーズン限りでの引退が囁かれてはいますが、まだまだ健在。

秋に開催の世界選手権での活躍も楽しみな走りでした。

 

3連覇を狙ったジルベールは、カウベルグで先手を打ったものの“お家芸”のタレを披露。

しかし終始集団前方でレースを進め、シーズン序盤の不調を脱しつつあるのは間違い無さそう。

サンタンブロジオ、ファンアーヴェルマートらアシスト陣も層が厚く、あとは今回リタイアのエバンスが機能すればもう少しジルベール自身の負担は軽くなりそう。

徐々に調子を上げていることを考えれば、次戦フレーシュは分かりませんが、アルデンヌ最終戦・リエージュ~バストーニュ~リエージュでは良い走りが見られるかもしれません。

 

その他、直前のプラバンツ・ペイルで優勝し好調のヴォクレールの安定感、昨年までの不調を脱し復活のノチェンティーニらベテランも好走。

ラボバンクの第1エースに成長しつつあるモレッマもトップ10入りを果たしました。

 

次戦のフレーシュ・ワロンヌ、最終戦のリエージュ~バストーニュ~リエージュに向けて、今回良いところなしだったシュレク兄弟やロドリゲス、バルベルデらアルデンヌ上位常連の選手たちがどう調整、または立て直しを図るかも見もの。

最後のカウベルグで激しく落車したクネゴの回復具合もチェックしておきたいところです。

 

日本人として唯一参加の土井選手は11分31秒遅れの140位で完走。

レース後半から終盤にかけて、集団前方へチームメートを送り込む役割を務め、無事任務を果たした格好。

アルデンヌ残り2戦につながる走りを見せたと言えるでしょう。

 

アムステル・ゴールドレースオフィシャルサイト http://www.amstelgoldrace.nl/

 

【関連記事】

アムステル・ゴールドレース-Preparation

アムステル・ゴールドレース2012・優勝予想アンケート

 

アムステル・ゴールドレース2012・優勝予想アンケート

1件のコメント

4月15日に開催される、アムステル・ゴールドレースの優勝予想アンケートを行います。

 

今シーズン開幕からの走りで勝者を予想するのよし、贔屓の選手を希望的観測込みで投票するのもよし、アルデンヌクラシックならではの繰り返し訪れる急坂に力を発揮するであろう選手を選ぶのもよし、それぞれみなさまの思いのままに票を投じていただいて結構です。

こちらで優勝候補者をアップしてみましたが、その他の選手を「Other」から投稿または追加ノミネートしていただくことも可能です。

 

なお、4月12日現在のスタートリストに名を連ねている選手からセレクトしております。

したがって、レース当日に当該選手が出場していない場合もございますが、その辺は何卒ご了承ください。

 

予想が的中したところでプレゼント的なものなどがあるわけではございませんが、サイクルスポーツファンの意識調査といった感覚でご参加くださると嬉しいです。

得票率は、Jsportsでのレース中継開始後に私のTwitterにて発表を予定しております。

みなさまのご協力、よろしくお願いします。

 

暫定スタートリストは公式サイト、またはCycling Feverからどうぞ。

 

【参考】

アムステル・ゴールドレース-Preparation

 

———-

 

This blog is a fan of Japanese professional road cycling.

Here is the winner of Amstel Gold Race 2012 questionnaire expected to be held on April 15.

Please come to vote you.

 

On a race day, voter turnout will be announced in my Twitter.

 

 

 

 

アムステル・ゴールドレースオフィシャルサイト http://www.amstelgoldrace.nl/

 

アムステル・ゴールドレース-Preparation

2件のコメント

ベルギー・フランドル地方やフランス北部を舞台に盛り上がったクラシックは、ベルギー・ワロン地方やオランダへと場所を移します。

丘陵地をコースに、いくつもの上り坂が選手たちの脚を試します。

そして、主役となる選手たちも上りに強いパンチャーやクライマーへと代わります。

まずはアルデンヌクラシック第1戦のアムステル・ゴールドレースから。

 

———-

 

アムステル・ゴールドレース(Maastricht~Valkenburg、256.5km)-4月15日

【過去5年の優勝者】

2011年 フィリップ・ジルベール

2010年 フィリップ・ジルベール

2009年 セルゲイ・イワノフ

2008年 ダミアーノ・クネゴ

2007年 ステファン・シューマッハ

 

【コース分析】

 

カウベルグの勾配

 

マーストリヒトをスタートししばらく走り、その後はファルケンブルグを中心とした周回コース。

全行程256.5kmの間に通過する急坂は31。

その31ヶ所目の上りがゴールとなるカウベルグ。

 

上り坂1つ1つの登坂距離や勾配はさほどハードではないものの、繰り返しやってくる上り坂と道幅の狭さ、ところどころに駐車されている車などを上手くかわしながら走ることがポイント。

3周回する最終周で一気にペースが上がり、サバイバルレースの様相となることでしょう。

勝負は確実にカウベルグの上り。

登坂距離1200m・最大勾配13%の上りをフレッシュな脚で迎えることが勝利のカギとなりそう。

勝つべく選手がどこで飛び出すかも見ものです。

 

【注目選手】

押さえておきたい選手を独断でピックアップ。

暫定スタートリストは公式サイト、またはCycling Feverから。

 

フィリップ・ジルベール(ベルギー、BMCレーシングチーム) ←ディフェンディングチャンピオン。2010,2011年2連覇。

カデル・エバンス(オーストラリア、BMCレーシングチーム)

フレフ・ファンアーヴェルマート(ベルギー、BMCレーシングチーム)

リナルド・ノチェンティーニ(イタリア、アージェードゥーゼル・ラモンディール)

クリストフ・リブロン(フランス、アージェードゥーゼル・ラモンディール)

エンリコ・ガスパロット(イタリア、アスタナ)

マキシム・イグリンスキー(カザフスタン、アスタナ)

サムエル・サンチェス(スペイン、エウスカルテル・エウスカディ)

ライダー・ヘシェダル(カナダ、ガーミン・バラクーダ)

ダニエル・マーティン(アイルランド、ガーミン・バラクーダ)

ミハエル・アルバジーニ(スイス、グリーンエッジ)

サイモン・ジェランス(オーストラリア、グリーンエッジ)

オスカル・フレイレ(スペイン、カチューシャ)

ホアキン・ロドリゲス(スペイン、カチューシャ)

ダミアーノ・クネゴ(イタリア、ランプレ・ISD) ←2008年チャンピオン

ヴィンチェンツォ・ニバリ(イタリア、リクイガス・キャノンデール)

ペテル・サガン(スロバキア、リクイガス・キャノンデール)

ユルゲン・ファンデンブロック(ベルギー、ロット・ベリソル)

イェーレ・ファネンデルト(ベルギー、ロット・ベリソル)

アレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター)

ジョヴァンニ・ヴィスコンティ(イタリア、モビスター)

シルヴァン・シャヴァネル(フランス、オメガファーマ・クイックステップ)

ペーター・ベリトス(スロバキア、オメガファーマ・クイックステップ)

ロベルト・ヘーシンク(オランダ、ラボバンク)

スティーブン・クルイシュウィック(オランダ、ラボバンク)

バウク・モレッマ(オランダ、ラボバンク)

ベン・ヘルマンス(ベルギー、レディオシャック・ニッサン)

クリストファー・ホーナー(アメリカ、レディオシャック・ニッサン)

アンディ・シュレク(ルクセンブルク、レディオシャック・ニッサン)

フランク・シュレク(ルクセンブルク、レディオシャック・ニッサン) ←2006年チャンピオン

エドヴァルド・ボアッソン・ハーゲン(ノルウェー、SKY)

セルジオ・エナオ(コロンビア、SKY)

トーマス・ロヴクイスト(スウェーデン、SKY)

ラース・ペーター・ノルドハウグ(ノルウェー、SKY)

カールステン・クローン(オランダ、サクソバンク)

ジョニー・フーガーランド(オランダ、ヴァカンソレイユ・DCM)

ワウテル・プールス(オランダ、ヴァカンソレイユ・DCM)

リューウェ・ウェストラ(オランダ、ヴァカンソレイユ・DCM)

フィリッポ・ポッツァート(イタリア、ファルネーゼヴィーニ・セッレイタリア)

ベルト・デワーレ(ベルギー、ランドバウクレジット・ユーフォニー)

土井雪広(日本、アルゴス・シマノ)

サイモン・ゲスク(ドイツ、アルゴス・シマノ)

トマ・ヴォクレール(フランス、ユーロップカー)

ピーター・セリー(ベルギー、トップスポルトフラーンデレン・メルカトール)

 

3連覇を狙うジルベールは状態が気がかり。

ミラノ~サンレモでは落車、“北のクラシック”でも全く良いところなし。

直前のプラバンツ・ペイルでも自分から展開することはできなかっただけでなく、急坂を苦しそうにこなす姿は不安材料。

落車やトラブルが無ければカウベルグまでは生き残ることができそうですが、エバンスやファンアーヴェルマートらの徹底アシストで脚を使うことなく最後の局面を迎えたい。

展開や状況、コンディション次第では、エバンスやファンアーヴェルマートでの勝負もあり得るでしょう。

 

ジルベールに代わり大本命に挙がっているのはロドリゲス。

昨年はゴール前でジルベールにかわされ惜しくも2位。

今月上旬のバスク一周では激坂ゴールを圧倒的強さで勝利。

このレースも大得意とする激坂ゴールだけに、アルデンヌ3連戦の中でも最も狙いたいレースか。

アシスト陣もフレイレを筆頭に、これまでと同様のスペイン人選手たちを揃え万全の態勢で臨みます。

 

昨年3位のジェランスも対抗馬として挙げられそう。

今シーズンはツアー・ダウンアンダー、ミラノ~サンレモとビッグレースでの強さが目立っています。

勝負勘に磨きがかかっており、上手く展開できれば勝機は十分にあり。

最後のカウベルグ、勾配10%超えの区間をクリアし、勾配の緩くなるゴール前でスプリントを仕掛けられるか。

 

2年ぶりの出場となるバルベルデももちろん優勝候補。

このレースでは2008年に3位に入った以来リザルトこそ残せていないものの、出場停止からの復帰明けともあり並々ならぬモチベーションで臨むことでしょう。

ジェランス同様、10%を超える上りで粘ってゴール前勝負に持ち込みたい。

 

クネゴは2008年のチャンピオン。

シーズン序盤から順を追って調整を進めてきている印象。

1週間後のリエージュ~バストーニュ~リエージュに合わせているものと思われますが、ここで好リザルトをマークして勢いに乗りたい。

 

気になるのはシュレク兄弟の動向。

シーズン前半最大の目標であるアルデンヌ3連戦を迎え、初戦をどう戦うか。

フランクはバスクでホーナーのアシストをしながら調整、アンディはプラバンツ・ペイルに出場も落車リタイア。

未だ好走は見せていないものの、まずこのレースで状態を見極めることができそう。

ヘルマンス、ホーナー、モンフォールらがアシストに揃う分、勝負どころまで脚を使うことなくレースを進められるでしょう。

 

プラバンツ・ペイルで落車したサガンは、その影響が心配。

怪我など無ければ勝負に絡むだけの力はありそうですが、カウベルグの急坂はサガン向きというには若干難しいかもしれません。

しかし、ここまでたびたび想像を覆す走りをしてきており、思わぬ形で主役にのし上がることも。

ニバリとの二枚看板で、どちらでも勝負できる態勢を整えてくるでしょう。

 

バスク一周で総合優勝したサンチェス、ヘーシンク・クルイシュウィック・モレッマのエース3人を揃えるラボバンク勢、同様にフーガーランド・プールス・ウェストラのエース3人を軸とするヴァカンソレイユ勢、2010年2位のヘシェダルらにもチャンスがあるでしょう。

 

日本人選手は土井選手のみが出場。

アルゴス・シマノは例年この地元レースをベストメンバーで臨むのが恒例。

今回の土井選手の出場は、チーム内でベストメンバーとして選出された点でも期待が持てそう。

ゴール前の急坂は得意とするところだけに、最後まで集団に残って勝負してほしいものです。

 

【優勝予想】

ホアキン・ロドリゲス

 

アムステル・ゴールドレースオフィシャルサイト http://www.amstelgoldrace.nl/

 

———-

 

【予告】

またしても、優勝予想アンケートを実施するつもりでおります…(笑)。

早ければ4月13日(金)にはアップ予定。

ぜひ今回もみなさまのご協力、よろしくお願いします。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。