2012年が終わりを迎えようとしています。

みなさまにとって、“自転車的”に充実した1年だったでしょうか?

“自転車的”に充実するためには、何より私生活が充実していれば実現しないはず。

つまり、“自転車的”実現が図られた方は、日常生活すべてでいろいろと充ちた1年だったことでしょう。

 

さて、前置きが長くなってしまいましたが、私、この時期にさまざまなメディア・媒体でありがちな「年間総集編」的なものにインスピレーションを受けました。

ということで、いったい何番煎じなのか分かりませんが、同様の企画をこのブログでもやってみたいと思います。

各月ごとに、これまでのブログエントリーなどを振り返っていき、その時にどう思って書いていたのか、ブログアップでどんな反響があったか、そして“自転車乗り”としての私自身に何が起こっていたのかなどを箇条書きに、とはいえ雑多にではありますが、ザックリまとめてみたいと思います。

当ブログから派生したFacebookページ「Suke’s cycling world」なども含めて、諸々綴ってまいります。

内容によっては共感していただいたり、はたまた逆に「しらんがな!」と言いたくなるような話もあるとは思いますが、よろしくお付き合いください。

今回はまず、上半期(1~6月)を。

 

———-

 

【1月】

・2012年年明け早々のある日の食事の席、自転車ネタばかり話す私にサイクルブログの執筆を奨める声が挙がる。本人、一瞬でその気になり、ここにブログ「suke’s cycling world」が誕生する。

・サイクルロードレースの予習・復習をメインの1つに据えるため、まず手始めに年始のニュージーランド選手権オーストラリア選手権の予習を記事をアップする。

・ツアー・ダウンアンダーの優勝予想を当てる。

・筆者自身のサイクリング記を初アップ。一応自転車乗りであることをアピール。

・ブログサイト「Wordpress」の投票機能が思っていた以上に使えることに気付き、当ブログに導入。初アンケートはシクロクロス世界選手権優勝予想。好評だったこともあり、以後積極的に取り入れることに決定。

・ブログ開設直後で不慣れなこともあり、全体的にまとめ方が粗い。

 

2012年1月 https://sukecycle.wordpress.com/2012/01/

 

【2月】

・ツアー・オブ・カタールの優勝予想をダダ外し。以降、筆者の予想が当たらないといったネタが持ち上がったとかいないとか…(笑)。

・アルベルト・コンタドールの出場停止処分が確定。さまざまな要素が理由でかなりヘコむ。

・ナショナルチャンピオンジャージ画像を集めたエントリーがまあまあのアクセス数。「2ちゃんねる」に晒されたのも要因か。

・グリーンエッジのメンバーシップアイテムが到着。その旨を記載したエントリーを同チームのリトアニア人選手、アイディス・クルオピスにFacebookを通じてアピールすると「いいね!」の反応が。どうやら見てくれたらしい。その他、彼のファンであるリトアニア人からの反応も多かった。

・アメリカで活動を開始した日隈選手に関する記事をアップ。日隈選手の関係者周りからの反応も含め、2012年を通して結構なアクセスをいただく。

・Jsportsでのロード世界選手権放映が行われないとの発表とファンの反応を受けて、ファン目線、メディア・媒体の目線両面に立った(つもりの)記事を掲載。多くの反響をいただく。たくさんの賛同や理解をいただいた一方で、反対意見も耳にさせてもらう。中には過激な抗議も。

固定ローラーを借り、勇んで踏みまくる。

 

2012年2月 https://sukecycle.wordpress.com/2012/02/

 

【3月】

・UCIワールドツアーが再開され、予習記事に力が入る。

・アベタカ(阿部嵩之選手)がヨーロッパ初勝利

・春のクラシックがスタート。予習記事執筆に時間をかけたほか、優勝予想アンケートを再開。

・グリーンエッジのエリトリア人選手、ダニエル・テクレハイマノットの記事がエリトリア大使館のTwitterFacebookで紹介される。

・3月23日のE3プライス・フラーンデレンで本格スタートの“北のクラシック”。この日からトム・ボーネンの伝説が始まる。

 

2012年3月 https://sukecycle.wordpress.com/2012/03/

 

【4月】

・ツール・ド・フランスの出場チームが決定。

アルデンヌクラシックをアスタナ勢が席巻。アムステル・ゴールドレースではエンリコ・ガスパロットが、リエージュ~バストーニュ~リエージュではマキシム・イグリンスキーが終盤に大逆転で優勝。

・ブエルタ・ア・エスパーニャの出場チームが決定。

・2012年は4月開催となった全日本選手権ロード。男子エリートは土井ちゃん(土井雪広選手)が優勝。ヨーロッパプロとして勝つべくして勝った、まさに強さが際立ったレース。

・この月の中旬、このブログがきっかけで、あるプロジェクトの話をいただく。ミーハーブロガーに大きなチャンスが生まれる。

 

2012年4月 https://sukecycle.wordpress.com/2012/04/

 

【5月】

・4月末に参加させていただいた室戸合宿記事をアップ。合宿中の苦しさそのままに、ブチキレた内容で半ば殴り書き。筆者の脚質はクライマーであることに気付く。合宿によりトチ狂ったメンタル状態だったゆえ、しばらく関係先の女性スタッフに自転車をしつこく奨める暴挙に走る。

ジロ・デ・イタリア開幕。テイラー・フィニーのマリア・ローザ獲得で幕開け。フミ(別府史之選手)も元気にスタート。

・1ヶ月前に受けた某プロジェクトのご挨拶も兼ね、ツアー・オブ・ジャパン堺ステージに足を運ぶ。ブリヂストン・アンカーのライダーカードをゲットする。

ジロ・デ・イタリア閉幕。ライダー・ヘシェダルとホアキン・ロドリゲスによる死闘は、ミラノでの最終ステージTTでヘシェダルが大逆転総合優勝。

 

2012年5月 https://sukecycle.wordpress.com/2012/05/

 

【6月】

・ランス・アムストロングがアイアンマン70.3ハワイで優勝(その後順位剥奪)。「やっぱりスゲー!」と思わされる。そう、この時は…。

・室戸合宿で出会った“ヨッシー”と5月中旬に行ったライドの報告を半月近く経ってからアップ。ヨッシーごめん!

・6月13日に当ブログのFacebookページを開設。ブログに書くまでもない細かいネタなどをメインにFBページへアップすることに。開設早々、ページへの「いいね!」を多数押していただく。ありがとうございます!

クリテリウム・ドゥ・ドーフィネ閉幕。ブラッドリー・ウィギンスの総合力がガチであることを実感。大会後、土井ちゃんツールメンバー漏れ。

全日本選手権TTで西薗良太選手が優勝。明晰な頭脳に裏打ちされた計算高い走りが本物であることを示す。

・ツール・ド・フランス開幕を前に、4月中旬にお話をいただいたプロジェクトへの参加を正式発表。多くの反響をいただく。

 

2012年6月 https://sukecycle.wordpress.com/2012/06/

 

———-

 

上記をまとめるために1月からのエントリーをサラサラッと読んでいったのですが、我ながらよく書いたなと思う記事もあれば、雑すぎるなと感じるものもあったり…。

特にブログ開設当初の1~2月は、綺麗にまとめようとしすぎて却ってゴチャゴチャになっているなと反省…。

ビッグレースが多くなる3月辺りから書くことが多くなったこともあり、レースに限らず記事そのもののまとめ方が様になってきていたような気がします。

 

春以降、ある程度記事の棲み分けができればとFacebookページの導入を検討し始めたのですが、こんなブログでFBページ作るのは何か背伸びしすぎではないかと思いとどまっていたというのが正直な話。

考えては渋り、考えては渋りの繰り返しで、実際にFBページを立ち上げたのは6月中旬。

初めて「FBページ作ってみようかな」と思ってから3ヶ月くらいを要したのではないでしょうか。

それも、前記のプロジェクト参加の発表を目前に、むしろそれに合わせて作ったような感じでした。

 

なんだかんだで、こんなブログでも筆者は試行錯誤しながらやっていたのですよ!

まぁ、それも楽しみの1つとして取り組んでいたのも事実なのですが(笑)。

 

そんなわけで。

下半期編(7~12月)は追ってアップいたします。

 

広告