2012年のUCIロード世界選手権は、久々に催されるチームタイムトライアルで開幕します。

そこで、まずは男子エリートのチームタイムトライアルを予習してみたいと思います。

レースをチェックするうえで、参考にしていただけると幸いです。

 

———-

 

UCIロード世界選手権・男子エリート チームタイムトライアル(Sittard~Valkenburg、53.2km)-9月16日

 

かつては国別で争われていたチームタイムトライアルですが、復活した今回からはUCI登録のチームごとの戦いとなります。

それも含め、以下が主なレギュレーションとなっています。

 

・トレードチーム(UCI登録チーム)によるレース(以前開催時は国別対抗)

・出走は1チーム6名(予備エントリー9名)

・ゴールタイムはチーム4人目の通過タイムを採用

・出場は33チーム(出場権を得た50チーム中17チームがエントリーせず)

・優勝チームは2013年シーズンにおいて、TTT特別ロゴ入りのジャージを着用(出場選手だけでなく、チーム全体でロゴを共有。優勝チームから他チームへ移籍する選手はロゴが入らず。ロゴ入りジャージは、TTTだけでなくRRやITTでも着用)

・優勝チームへのマイヨ・アルカンシェルは不採用(優勝チームは上記条件に)

・上位10位に入ったプロチームにはUCIワールドツアーポイント授与(200,170,140,130,120,110,100,90,80,70)

・上位20位に入ったプロコンチネンタルチームとコンチネンタルチームは、UCIコンチネンタルポイント授与(200,170,140,130,120,110,100,90,80,70,60,50,40,30,20,15,10,8,5,3)

・上位5チームには賞金を授与(40000,25000,20000,10000,5000)※通貨はスイスフラン

・UCIプロチームは出場義務あり?(これはガセネタの可能性も・笑)

 

【コース分析】

 

1チーム6選手で53.2kmを回すというのは、グランツールのTTTのイメージから考えると非常に難しいと言えるでしょう。

また、今回のコースは3ヶ所の大きな登坂ポイントがあり、各選手の登坂力も試されることに。

 

登坂ポイントは以下の通り。

1. Lange Raarberg 1300m 4.5%

2.Bergseweg 2700m 3.3%

3.Cauberg 12oom 5.8%

 

スタートして10kmも行くと最初の上りが控えており、ボディーブローのように効いてくることと思われます。

そして、スタートから約20kmで迎える1つ目の大きな登坂ポイント・Lange Raarbergで、力の劣るチームは隊列が乱れることもありそう。

特に上ってからすぐに下るわけではないため、脚の回復に充てる間が無いのが選手にとってはペース配分の難しさを感じることでしょう。

 

スタートから40kmを前に登場するBergsewegは、距離こそ長めとはいえ勾配は3つの登坂ポイントの中では緩め。

ここを乗り越えれば、約10km下り基調になることから、なんとしても耐えたい局面。

 

ゴール直前に現れるおなじみのCauberg。

アムステル・ゴールドレースでもゴール前で選手間に大きな差が付く場所だけに、50km以上ハイペースで回してきた選手たちにとっては大いに苦しめられることに。

ゴールを前に各チーム隊列を整えるのに苦心することになりそう。

ゴールタイムとなる4人目の選手が脱落するようだと、そのチームは優勝戦線から遅れることを覚悟せねばなりません。

 

53.2kmの距離を平均時速50km/hで走れば、1時間03~04分でのゴールに。

恐らく、1時間そこそこのゴールタイムが優勝記録になるのではないかと思われます。

 

【スタートリスト】

※時間は現地時間。日本時間は現地時間+7時間

 

13:30 MTN・キューベッカ

13:34 カハ・ルーラル

13:38 アドリア・モービル

13:42 CCCポルサット・ポルコワイチェ

13:46 イテラ・カチューシャ

13:50 オプタム・プレゼンテッドバイ・ケリーベネフィットストラテジーズ

13:54 ソール・ソジャサン

13:58 ラボバンク・コンチネンタル

14:02 コフィディス

14:06 アックア・エ・サポーネ

14:10 チームタイプ1

14:14 トップスポルトフランデレン・メルカトール

14:18 エウスカルテル・エウスカディ

14:22 アージェードゥーゼル・ラモンディール

14:26 FDJ・ビッグマット

14:30 ルスヴェロ

14:34 アルゴス・シマノ

14:38 ランプレ・ISD

14:42 ロット・ベリソル

14:46 リクイガス・キャノンデール

14:50 アスタナ

14:54 ヴァカンソレイユ・DCM

14:58 サクソバンク・ティンコフバンク

15:02 モビスター

15:06 カチューシャ

15:10 ラボバンク

15:14 レディオシャック・ニッサン

15:18 ガーミン・シャープ

15:22 オメガファルマ・クイックステップ

15:26 BMCレーシングチーム

15:30 オリカ・グリーンエッジ

15:34 SKY

 

【注目チーム】

出走者一覧は別エントリーにてアップしております。

なお、出場全33チーム中、チーム発表があったもの、または専門サイトなどの情報から判明したチームのみを随時掲載しておりますこと、ご了承ください。

 

UCIロード世界選手権・男子エリート チームタイムトライアル出走者一覧

 

優勝争いは、やはりプロチーム勢が中心となるでしょう。

 

シーズンを通してTTTに強さを見せたのは、グリーンエッジ、SKY、ガーミンといったところ。

グリーンエッジは、おなじみのTTスペシャリストにクラシックハンターのランゲフェルドを加えた布陣。

ポイントとなるのは、シーズン途中に合流したロンドンオリンピックのチームパシュート銅メダリスト・ビューリーと、まさに今大会のTTT要員ともいえるマリウスの存在。

トラックでは抜群のスピードを持つ2人が、大一番でどれだけ力を発揮するかに注目。

 

SKYはスーパーエースのウィギンス、フルームを外すも、贅沢なメンバー構成。

ここ最近はTTに注力していなかったボアッソン・ハーゲンが、再び圧倒的スピードをアピールするか。

個人種目のメンバーからは外れたトーマスは、この1レースに賭けます。

また、クライマーのエナオを抜擢している点が戦力にどう影響するか。

 

ガーミンは出走6名が前日時点で判明していないものの、ミラーやナヴァルダスカス、バウアーといったスペシャリストはメンバー入りしてきそう。

特に、今シーズンのチーム構成をこのTTTをベースに考えていたとも言われるだけに、勝利が至上命題となっているチームの1つ。

TTTの伝統的な強さをアピールしたい。

 

その他、メンバーが揃っているのはBMC、Ωクイックあたりか。

BMCは、プロトン中で上位クラスのTT能力を持つ6選手で構成。

個々のスピードには長けている分、課題となるのが選手間のローテーションやペース配分。

グランツールのTTTで目立ったミスを出さないことが重要。

 

ΩクイックはITTでの2連覇を目指すマルティンが中心。

TTTとITTに力を注ぐ姿勢のシャヴァネルや、ベルギーTTチャンピオンのファンデワーレにもかかる期待は大きいと言えるでしょう。

そして、今シーズン後半はこの世界選手権に賭けてきたボーネンも、このTTTで流れを作りたい。

 

全体的にバランスが取れた布陣のレディオシャック、コンタドールが中心のサクソティンコフ、ラーションやウェストラといった国内チャンピオンがメンバー入りのヴァカンソレイユも上位進出の可能性がありそうです。

 

有力チームは、純粋なTTスペシャリストばかりでなく、ある程度登坂力のある選手を入れてきている印象です。

 

【優勝予想】

戦力の充実度のほか、個人的な希望的観測も込みで予想をすると、

 

★★★

オメガファルマ・クイックステップ

★★

SKY、オリカ・グリーンエッジ

BMCレーシングチーム、レディオシャック・ニッサン、ラボバンク

 

と見ています。

注目チームにラボバンクを挙げませんでしたが、実際のところボームやLLサンチェスを中心にまとまりがあって、地元の利を活かして上位に来るかもと思っていたり。

 

———-

 

UCIオフィシャルサイト内世界選手権ページ

http://www.uci.ch/templates/UCI/UCI3/layout.asp?MenuId=MTYzNDI&LangId=1

UCIロード世界選手権オフィシャルサイト

http://www.limburg2012.nl

 

【関連記事】

UCIロード世界選手権・男子エリート チームタイムトライアル出走者一覧

 

広告