まぁまずはこちらの記事を読んでみてくださいよ(既に読んだ方も多数いらっしゃるかと思いますが)。

http://cyclist.sanspo.com/17837

 

私はこの記事を見せられて、そりゃあもう、「な、なんじゃこりゃ~!!」ですよ。

こどもの頃、近所のパン屋さんでグローブパンとかいう野球のグローブ形のクリームパンがあったのを覚えていますが、サドルパンとはなんとなんと。

 

しかも、記事掲載の写真は何ですか、編集長が美味しそうに食べているじゃないですか、くぅ~羨ましい!

一度気になってしまったらものだから、どうにかして手に入らないかと模索しましたよねぇ。

一瞬「インカレ観に鹿児島行ったろかな」って思いましたものね、えぇごくごく一瞬ですけど。

現実問題、いきなり鹿児島まで行くってのは無理がありますので、どうあがいても「良いなぁ、サドルパン…」と指をくわえて泣くまでだったのですが…。

 

ところがどっこい、状況は一変するのです。

私の知らない水面下でサドルパンを入手する動きが起こっていたという。

突然私の元に届いた一通のメールが驚愕の内容だったのです。

 

若造どもにサドルパンをゲットさせたぜぇ! ワイルドだろぉ~(このくだりかなりフィクション)

 

何だって~!!

まさかのまさか、サドルパンとの邂逅が実現したのです。

 

というのも、鹿児島で開催された今回のインカレに徳島大学の選手が出場したこともあり、徳島の競技関係者の方々がその辺上手いこと声掛けしてくださったそうな。

そんな具合で、インカレみやげを私もおすそ分けしていただくことに相成ったわけでございまする。

 

そしてついに対面の時が!

 

 

で~ん!

 

まぁ諸々「Cyclist」さんで書かれておりますので、この辺はサクサクッとアップさせていただきましょう。

 

自転車同様、カブトムシ好きの私としては、「人よりカブトムシの多い町」ってくだりが非常に気になるのですが…。

 

お約束。

 

既に前述の記事で予習できていたこともあり、そのなかなかのお味に満足。

ビターな感じのデニッシュ生地はしっとりした食感。

上に乗ったカスタードとチョコのクリームの甘さとマッチさせることでちょうど良い塩梅に。

この大きさながら、食べてみるとそこそこボリュームを感じられるので、ライド時の補給食に十分使えそう。

1個126円、お金の問題ではないのですけど、ぶっちゃけその価格で考えればハイクオリティの一品であることは間違いないです。

 

上の写真にもあるように、インカレ開催を記念して開発されたパンだそうですが、大隅半島を錦江湾に沿って南下する鹿屋市~錦江町~南大隅町は、いまや自転車の町としてメジャーになりつつあります。

実際、大学自転車界の強豪である鹿屋体育大学を応援する企業や人々が多いことはテレビなどでも取り上げられ、地域ぐるみで自転車競技を盛り上げている様子がうかがえます。

サドルパンも、その一環なのでしょう。

 

8月14日から発売開始されたこのパン、1ヶ月の限定販売ということで、もうすぐ終わってしまうのですね…。

そんな貴重な1つを私に提供してくださった徳島大学の選手たち、関係者のみなさまに感謝、ありがとうございました!

 

【余談】

実は私、もうこの際だから書きますけど、その昔本業でベーカリーショップ巡りのコラムを書いていたことがありまして、それなりに人気を博していたのですわよオホホホホ~。

※コラム執筆は実話、人気についてはだいぶ脚色していますごめんなさい

パンについてのネタを書くのは、その時以来かもしれません(3,4年ぶり)。

 

パンとレポートを書くという作業には共通点があるのです。

それは…、

 

 

 

 

 

生地(記事)が命!

 

 

 

 

 

決まった…。

 

 

 

 

広告