いつもの自転車ネタからほんの少しだけ(?)逸れますが、トライアスロンに転向したランス・アームストロングが6月2日に開催されたアイアンマン70.3ハワイで優勝。

5月20日のアイアンマン70.3フロリダでも勝利を飾っており、これで2連勝となりました。

 

リザルト(http://ironmanhonu.com/results/)を見る限り、スイムで好位置に付け、バイクで圧倒し、その貯金をランで守りきるというスタイル。

まぁ元ロードレーサーですから、その戦法しかやりようが無いのでしょうけども。

とはいえ、そもそもトライアスロン選手だったことや、水泳でもナショナルチームに入る可能性があったこと、マラソンでも2時間台の走力があるだけに、どれもそつなくこなせるのがランスの強さ。

もっともバイクに関して、アイアンマンレースではバイクでのドラフティング(風除け)が禁止されているので、ツール7連勝時代にはTTでもかなりの強さを見せていたその独走力が活かされているようです。

 

4月のテキサスでのレースでは惨敗でのスタートでしたが、フロリダではハワイ同様バイクで圧倒的な強さを見せ優勝。

徐々に適応してきた感じですね。

厳しいトレーニングを積んでいることは間違いないのでしょうけど、短期間で適応できる時点でさすが超人。

 

目下の目標はアイアンマンのワールドチャンピオンシップのようです。

出場のためにポイントを稼ぐ必要があって、それに躍起になっているのが現状だとか。

その辺に関しては、こちらのブログが詳しいのでご参考に。

 

ちなみに、アイアンマン70.3というのは、国際トライアスロン連合(ITU)で公認されているアイアンマン・ディスタンスの半分の距離。

スイム1.9km、バイク90km、ラン21.0975kmで争われるのがアイアンマン70.3の特徴。

 

というわけで、ハワイでのレース動画を。

身体つきも劇的に変わって、メッチャ胸板が厚くなっています。

何だかマッチョ過ぎやしませんかね(笑)。

 

やっぱランスさんカッコいいっす!

 

アイアンマンオフィシャルサイト(ランス特集のページもあり)

http://ironman.com/

 

広告