カチューシャチームが1月18日にYouTubeにアップした動画。

 

TTが大の苦手、でおなじみのホアキン・ロドリゲスが今年に賭ける意気込みをカメラの前で披露してくれています。

 

というのは冗談で、TTバイクのポジション合わせをしていただけのよう。

カチューシャチームは今年Canyonのバイクを使用します。

 

しかしまぁ、プリトと言えば、グランツールでもTTで総合争いから脱落する選手の常連(笑)。

そのレベルときたら、あのルクセンブルクの仲良し兄弟を凌駕すると言っても過言ではないでしょう。

TTよりも山岳での登坂力が試される今年のブエルタのコースセッティングに大喜びしていたのも当然のことでしょう。

 

いずれにせよ、TTをしっかりこなせないことにはTTTでも足を引っ張ることになるので、今から余念のない準備をしておいてもらいたものです。

もしかしたら今年はTTで大健闘するプリトが見られるかもしれ…ない!?

 

広告